のっぺい汁
何を隠そう私の生まれ故郷は新潟である。
今回は、新潟人ならいっぺんは食したことがあるであろう、のっぺい汁を紹介しよう。
新潟では、実際にはのっぺい汁ではなく「のっぺ」というこの郷土料理、ご存知でしょうか。
幼少の頃より、食卓にはだいたいこののっぺが
他の煮菜、ぜんまい炒めなどの郷土料理を霞ませるほどに鎮座ましましていた。
そんなことは本当にまったくないんですけど、食卓に並ぶことはよくあった。

たけのこ、こんにゃく、にんじん、ほたての貝柱などをふんだんに使い、
さといもを加えることで独特のとろみを実現した料理なのですが、
これがまた新潟の特産品である米、つまりごはんにまったく合わない。
おでんみたいな感じだと思ってもらえたらいいでしょうか。
とにかく当時まだ私が小学生であったころには、
おかずっていうかつまみ食いの対象でした。

このたび東京に住む友人にその「のっぺい汁」をお土産として買ってきました。
缶詰の商品で、私はまったく食したことがありません。
そんなことはどうでもよくて、こののっぺい汁、この年にしてようやくわかりましたが、
お酒にはのっぺい汁、これだね。
ぜんぜんおいしいと感じなかったこの味、おふくろの味ってやつですか。

小さい頃、母親に対して抱いた反抗心、それが氷解して今は一緒にご飯を食べに行く。
そのうち30歳をそのうち迎えるいまになって、母親が小さく見える。
一緒にご飯を食べにいくだけで、こんなうれしそうな顔するんだなって、今頃気づいた。

缶詰ののっぺを見てたらそんなことを思ったのだ。
もう寝ますおかあさん
[PR]
by omocha_camera | 2011-02-04 03:27 | あり



S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30